トリビア・チャットボット

先生用ノート

コンピューターサイエンス教育週間

概要

キュートなロボットモンタを操って、コンピュータサイエンスの基礎を生徒に紹介する1時間のアクティビティに参加してください。 このアクティビティでは、生徒は15のチャレンジを自分のペースで進め、Pythonを学習しながら雑学クイズチャットボットをプログラムします。

仕様

CodeMonkeyのコンテンツは、コーディング経験の有無や知識に関わらず、教育面で優れた楽しいゲームです。

トリビア・チャットボットの

1時間バージョン

15チャレンジ

1時間で、21の楽しいゲーム創作チャレンレジに挑みます。

Cute-Rat
小学校6年~中学2年生向け

12歳以上のお子様にに最適なコンテンツです。先に「コードの冒険」を修了することを推奨します。

Happy-Turtle
実際のコーディング

「コードの冒険」で培ったスキルを利用して、Pythonのトリビア・チャットボットプログラミングします。

Chicken
チャットボット・インタフェース

キーボードインタフェースとゲームの仕組みを学習します。

Hour of Code(1時間) の進め方

Banana1

ステップ1:準備

プログラムに慣れるために、できるだけたくさんのチャレンジを経験してください。また、Hour of Code の開催に関するCodeMonkeyのブログを読むことをお勧めします。

Banana1

ステップ2:印刷

生徒が家に持ち帰ることができる認定書を印刷します。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに認定書を要求できます。

Banana1

ステップ3:書く

ボードにhttps://codemonkey.jp/hour-of-code-trivia-chatbot/と書いて、生徒がどこから始めればよいかがわかるようにします。

Banana1

ステップ4:話し合う

次のトピックについて話し合います。
- コンピュータサイエンス:人間のアイデアとデジタルツールを組み合わせて、電話アプリ、アニメーション映画、ロボットなどから何かを作成すること
- プログラム:コンピュータが従う一連の指示
- コマンド:プログラムの構築に使用するもの

Banana1

ステップ5:始める

リンクに移動し、「今すぐプレイ」をクリックして開始するように生徒に指示します。時々、チャレンジを解決するさまざまな方法について話し合います。​

Banana1

ステップ6:先へ進む

「コーディング・チャットボット」完全版コースでさらに楽しみましょう。 :詳しくは、下記のボタンから

Hour of Code ( 1時間 ) の進め方

Banana1

ステップ1:準備

プログラムに慣れるために、できるだけたくさんのチャレンジを経験してください。また、Hour of Code の開催に関するCodeMonkeyのブログを読むことをお勧めします。

ステップ2:印刷

生徒が家に持ち帰ることができる認定書を印刷します。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに認定書を要求できます。

ステップ3:書く

ボードにhttps://codemonkey.jp/hour-of-code-trivia-chatnot/と書いて、生徒がどこから始めればよいかがわかるようにします。

ステップ4:話し合う

次のトピックについて話し合います。
- コンピュータサイエンス:人間のアイデアとデジタルツールを組み合わせて、電話アプリ、アニメーション映画、ロボットなどから何かを作成すること - プログラム:コンピュータが従う一連の指示
- コマンド:プログラムの構築に使用するもの

ステップ5:始める

リンクに移動し、「今すぐプレイ」をクリックして開始するように生徒に指示します。時々、チャレンジを解決するさまざまな方法について話し合います。

ステップ7:先へ進む

「コード・チャットボット」完全版コースでさらに楽しみましょう。 :詳しくは、下記のボタンから

FAQ

「トリビア・チャットボット」は、Pythonというプログラミング言語を使用しています。 Pythonは、比較的に容易な言語で、平易な英語ににているという点で読みやすい性質を持っています。

非常に単純な課題から始め、徐々にPythonでの様々なコーディング方法を教えていきます。

はい、生徒が家に持ち帰ることができる証明書を印刷することができます。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに証明書を要求できます。そうでない場合は、ここで証明書を印刷できます。

3つ星で完了していないチャレンジがあれば、全てのチャレンジで3つ星解答を得るようにします。それが終了したら、このコースでつまずいている他のクラスメートを助けるか、ここで他のコンテンツを始めるように伝えましょう。

チャレンジの指示を注意深く読み、おかしな点がないかを再度確認するように伝えます。他のクラスメイトに助けを求めるのもよいでしょう。

他のコンテンツも見てみよう

今日のコーディングスキルを身に付けて、今後の学習に向けて準備しましょう。