ムーン・ランダー

先生用ノート

コンピューターサイエンス教育週間

概要

愛らしいモンタロボットを操って、コンピュータサイエンスの基礎を生徒に紹介する1時間のアクティビティに参加してください。 このアクティビティでは、生徒は15のチャレンジを自分のペースで進め、Pythonを学習しながら雑学クイズチャットボットをプログラムします。

仕様

CodeMonkeyのコンテンツは、コーディング経験の有無や知識に関わらず、教育面で優れた楽しいゲームです。

ムーン・ランダーの

1時間バージョン

17チャレンジ

17チャレンジで、Pythonの基礎とチャットボットプログラミングを学びます。                                                                                                                                             

Cute-Rat
小学校6年~中学3年生向け

12歳以上の生徒が、重力や推力の理解を深めます。

Happy-Turtle
実際のコーディング

簡単な構文で幅広く使用されているプログラミング言語のPythonでコーディングをします。

Chicken
チャットボット・インタフェース

キーボードインタフェースとゲームの仕組みを学習します。

Hour of Code(1時間) の進め方

Banana1

ステップ1:準備

プログラムに慣れるために、できるだけたくさんのチャレンジを経験してください。また、Hour of Code の開催に関するCodeMonkeyのブログを読むことをお勧めします。

Banana1

ステップ2:印刷

生徒が家に持ち帰ることができる認定書を印刷します。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに認定書を要求できます。

Banana1

ステップ3:書く

ボードにhttps://codemonkey.jp/hour-of-code-moon-lander/と書いて、生徒がどこから始めればよいかがわかるようにします。

Banana1

ステップ4:話し合う

次のトピックについて話し合います。
- コンピュータサイエンス:人間のアイデアとデジタルツールを組み合わせて、電話アプリ、アニメーション映画、ロボットなどから何かを作成すること
- プログラム:コンピュータが従う一連の指示
- コマンド:プログラムの構築に使用するもの

Banana1

ステップ5:始める

リンクに移動し、「今すぐプレイ」をクリックして開始するように生徒に指示します。時々、チャレンジを解決するさまざまな方法について話し合います。​

Banana1

ステップ6:先へ進む

「ゲームビルダー」コースに進みましょう。 :詳しくは、下記のボタンから

Hour of Code ( 1時間 ) の進め方

Banana1

ステップ1:準備

プログラムに慣れるために、できるだけたくさんのチャレンジを経験してください。また、Hour of Code の開催に関するCodeMonkeyのブログを読むことをお勧めします。

ステップ2:印刷

生徒が家に持ち帰ることができる認定書を印刷します。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに認定書を要求できます。

ステップ3:書く

ボードにhttps://codemonkey.jp/hour-of-code-moon-lander/と書いて、生徒がどこから始めればよいかがわかるようにします。

ステップ4:話し合う

次のトピックについて話し合います。
- コンピュータサイエンス:人間のアイデアとデジタルツールを組み合わせて、電話アプリ、アニメーション映画、ロボットなどから何かを作成すること - プログラム:コンピュータが従う一連の指示
- コマンド:プログラムの構築に使用するもの

ステップ5:始める

リンクに移動し、「今すぐプレイ」をクリックして開始するように生徒に指示します。時々、チャレンジを解決するさまざまな方法について話し合います。

ステップ7:先へ進む

「ゲームビルダー」に進みましょう。 :詳しくは、下記のボタンから

FAQ

「ムーン・ランダー」は、CoffeeScriptというプログラミング言語を使用しています。 CoffeeScriptは、比較的に容易な言語で、書き言葉での英語に似ています。

ゲームデザインのスタートに位置し、徐々にコードと物理の概念を使用した独自のゲーム創作スキルを習得します。

はい、生徒が家に持ち帰ることができる証明書を印刷することができます。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに証明書を要求できます。そうでない場合は、ここで証明書を印刷できます。

このコースでつまずいている他のクラスメートを助けるか、ここで他のコンテンツを始めるように伝えましょう。

チャレンジの指示を注意深く読み、おかしな点がないかを再度確認するように伝えます。他のクラスメイトに助けを求めるのもよいでしょう。

他のコンテンツも見てみよう

今日のコーディングスキルを身に付けて、今後の学習に向けて準備しましょう。