コードモンキーJr.

先生用ノート

コンピューターサイエンス教育週間

概要

CodeMonkey Jr.は、4〜6歳児向けのCodeMonkeyのプリコーディングゲームです。CodeMonkey Jr.は、未就学児にコンピューター的思考スキルとブロックを使用したコーディングの基礎を教えます。ゲームでは、生徒はバナナを集めて宝箱のロックを解除するためのモンタの道筋をプログラムします。

仕様

CodeMonkeyのコンテンツは、コーディング経験の有無や知識に関わらず、教育面で優れた楽しいゲームです。

コードモンキーJr.の

1時間バージョン

30+ チャレンジ

30チャレンレジを超えた4チャプターで構成されています

Cute-Rat
4~6歳向け

どの学年の生徒でも楽しむことができますが、推奨年齢は7歳以上です

コーディングの概念

生徒は、順番/繰り返し/論理式などを学びます

Chicken
ブロックベース

ブロックを使用して、バナナを取るためのプログラムを書きます

Hour of Code(1時間) の進め方

Banana1

ステップ1:ダウンロード

AppStoreまたはGooglePlayからCodeMonkey Jr.をすべてのデバイスにダウンロードしましょう。

Banana1

ステップ2:準備

プログラムに慣れるために、できるだけたくさんのチャレンジを経験してください。また、Hour of Code の開催に関するCodeMonkeyのブログを読むことをお勧めします。

Banana1

ステップ3:印刷

生徒が家に持ち帰ることができる認定書を印刷します。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに認定書を要求できます。

Banana1

ステップ4:始める

リンクに移動し、「今すぐプレイ」をクリックして開始するように生徒に指示します。時々、チャレンジを解決するさまざまな方法について話し合います。チャレンジ7と14で話し合いをすることをお勧めします。

Banana1

ステップ5:証明書を渡す

家に持ち帰るように生徒に証明書を渡し、両親に見せるようにしましょう。

Hour of Code (1時間) の進め方

ステップ1:ダウンロード

AppStoreまたはGooglePlayからCodeMonkey Jr.をすべてのデバイスにダウンロードしましょう。

ステップ2:準備

プログラムに慣れるために、できるだけたくさんのチャレンジを経験してください。また、Hour of Code の開催に関するCodeMonkeyのブログを読むことをお勧めします。

ステップ3:印刷

生徒が家に持ち帰ることができる認定書を印刷します。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに認定書を要求できます。

ステップ4:始める

リンクに移動し、「今すぐプレイ」をクリックして開始するように生徒に指示します。時々、チャレンジを解決するさまざまな方法について話し合います。チャレンジ7と14で話し合いをすることをお勧めします。

ステップ5:証明書を渡す

家に持ち帰るように生徒に証明書を渡し、両親に見せるようにしましょう。

FAQ

CodeMonkey Jr.は、ブロックを使用してコーディングを教えています。チャレンジでは、生徒はブロックを使用して命令をプログラムします。これはコーディング言語ではありませんが、生徒がコンピューター的思考と、シーケンスやループなどの基本的なコーディングの概念を学ぶのに役立ちます。

どのチャレンジにおいても、モンタを宝箱まで連れて行き、全てのバナナを取ることができるブロックシーケンスをプログラムすることを目標にしています。

はい、生徒が家に持ち帰ることができる証明書を印刷することができます。自分のメールアドレスを持っている生徒は、コードの時間の終わりに証明書を要求できます。そうでない場合は、ここで証明書を印刷できます。

戻って、30のチャレンジ全てで3つ星を獲得するように勧めます。このコースでつまずいている他のクラスメートを助けるか、ここで他のコンテンツを始めるように伝えましょう。

チャレンジの指示を注意深く読み、意図していない動作をしている場合はコードを再確認するように伝えます。

「実行」を押して最初のコードが何をするかを確かめてから、各チャレンジを始めるように生徒に指示します。これにより、修正が必要なコードの場所を見つけるのに役立ちます。

チャレンジ27は少し難しいです。3つ星の解答例についてはスクリーンショットを参照してください。

1.最初の生徒は、正しいブロックシーケンスをプログラムする方法について考える必要があります。
2.次に、シーケンスを構築するために、目的のブロックをタップする必要があります。ブロックは、コーディング領域の最初の空いている場所に移動します。
3.コーディング領域の命令の順序を変更するには、ブロックをドラッグする必要があります。
4.コードを実行するには、「実行」をタップします 
5.モンタがゴールに到達すると、星のスコアが表示され、生徒は次のレベルに進むことができます。モンタがゴールに到達しない場合は、「やり直し」をタップしてコードを修正できます。
チャレンジを解答すると、解答の評価を星の数で得ることができます。
  • 1つ星は、すべてのバナナを獲得したことを意味します。
  • 2つ星は、すべてのバナナを獲得し、学習した内容を取り入れて解くことができたことを意味します。
  • 3つ星は、すべてのバナナを獲得し、学んだ内容を取り入れ、可能な限り少ない手順で取ることができたことを意味します。
  • ・論理式
    ・アルゴリズム
    ・順番
    ・方角/方向
    ・カウント
    ・繰り返し

他のコンテンツも見てみよう

今日のコーディングスキルを身に付けて、今後の学習に向けて準備しましょう。