コードモンキーJr.

未就学児から始められる楽しいビジュアルプログラミング

※コードの冒険無料体験
CodeMonkey_Jr_Main

コーディングの基礎を教えよう

愉快な仲間たちと明るい色彩の魅力的な世界が子供たちを待っています。子供たちはモンタに加わってバナナを集め、宝箱の鍵を開けるミッションに挑戦します。その間、モンタと一緒にプログラミングの世界を探検し、冒険を通してプログラミングの基礎を学んでいきます。

プログラミングの基礎

ビジュアルプログラミング

ビジュアルプログラミング言語は、コンピュータープログラミングのプロセスを簡素化します。学習者は、コードを書き出す代わりに、コーディングブロックをドラッグアンドドロップで操作します。ビジュアル要素が強く、ブロックを組み合わせることて進めていくので、コードは不要です。ビジュアルプログラミングを使用するメリットは、コーディング時にありがちな込み入った構文を心配することなく、プログラミングの基礎を学べることです。

分かりやすい

コードモンキーJr.は、課題が進むにつれて、基本的なコーディングの難易度を徐々に上げていきます。文字は、わからなくても問題ありません!サルのモンタが宝箱まで到達できるように、矢印などのアイコンブロックで指示を与え、その過程の中で、順序や繰り返しなどの処理を学びます。

授業での使用を視野に設計

コードモンキーJr.は、4つの章に30以上の課題(チャレンジ)から成り、幼稚園や就学前の習い事に適しています。 カリキュラムガイドが付いて、全部で5~6回の授業で終了できるようになっているので、プログラミング経験がなくても、課題の指導や進行には差し支えありません。ゲームは、Webベースのブラウザ、タブレット、iPad、スマホで利用できます。

コンピューターの概念

  • 論理
  • 繰り返し
  • カウント
  • 方向
  • 順番
  • アルゴリズム

よくある質問

コードモンキーJr.は、初心者向けのビジュアルプログラミングゲームです。ゲームでは、子供たちはバナナを取って、宝箱の鍵を開けるためにモンタが通る道筋をプログラムします。

コードモンキーJr.は、未就学児または4〜6歳児を対象として設計されています。

ブラウザ版:
開始するには、コードモンキーJPのチャレンジサイト(https://app.codemonkey.com/home)にアクセスし、My Activitiesの「コードモンキーJr.」アイコンをクリックします。進捗状況を保存するには、コードモンキーJPで登録したアカウントでログインする必要があります。登録したアカウントでログインすると、右上隅にユーザー名が表示されます。ログアウトするには、ユーザー名の隣にある「設定」ボタンから「ログアウト」をクリックします。

アプリ版:
開始するには、App Store または PlayストアからコードモンキーJr.をダウンロードします。コードモンキーJPの有効なアカウントをお持ちの場合は、その登録済アカウントでログインできます。ゲストとしてプレイする場合、進捗状況は使用しているデバイスにのみ保存されます。進捗状況を保存するには、コードモンキーJPで登録したアカウントでログインする必要があります。登録済のアカウントでログインすると、上部にユーザー名が表示されます。ログアウトするには、左上隅にあるピンクのボタンからログアウトします。

ブラウザ版:いいえ。Chrome/Microsoft EdgeなどのブラウザからコードモンキーJPのチャレンジサイト(https://app.codemonkey.com/home)にアクセスする方法もあります。この場合は、アプリを端末にダウンロードする必要はありません。

アプリ版:
はい。コードモンキーJr.にアクセスするには、App Store または Playストアからダウンロードする必要があります。(WEBブラウザでプレイする場合には、アプリを端末にダウンロードしたり、インストールする必要はありません。)

ブラウザ版:
インターネット接続が必要です。インターネットに接続し、ブラウザ上でお楽しみください。

アプリ版:
アプリをインストールした後は、インターネット接続は不要です。

ブラウザ版:
Chrome, Edgeなどのブラウザで使用できます。

アプリ版:
Androidタブレット/スマートフォン、iPad、iPhoneなどのAndroid/iOS/iPadOSデバイスで使用できます。機種やバージョンによっては、ご利用になれない場合がございます。ご了承ください。

矢印などの簡単な記号が理解できれば、読み書きのスキルはほぼ不要です。クリアのためのアドバイスが読めない場合は、先生や保護者の方が代わりに読んであげてください。

コーディングに関する事前の経験や知識は不要です。