コードモンキーの最新情報やプログラミング学習に有益な各種情報をお届けします。


ゴード氏&先生の質問コーナーへようこそ。このシリーズでは、「コードモンキー」のさまざまなコンテンツやコースに関する役立つ情報を紹介いたします。「コードの冒険」画面左下でおなじみのゴード氏が先生の質問に答えます。

最新コース「コードモンキー/コード・チャットボット」ではPython を学ぶことができますが、これを教室で使う場合、指導する立場にある先生方には少し準備が必要です。今回の質問コーナーでは、その準備や前提知識について説明いたします。

(本記事はplaycodemonkey.comの翻訳記事です。)

ゴードさん、こんにちは。「コードモンキー」のPythonコース、「コード・チャットボット」がリリースされていると聞きました。私も生徒に教えたいと思っているのですが、少し不安です。私にできるでしょうか?
先生
先生
ゴード氏
ゴード氏
興味を持ってくれてうれしいです。「コード・チャットボット」は、これまでのコースとは違って、少し上級者向けになっています。先生はコンピューターサイエンスについて学んだことがありますか?
大学の時に「情報基礎」の講義は受けました。あと、小4の児童に「コードモンキー/コードの冒険」を教えています。
先生
先生
ゴード氏
ゴード氏
なかなかいいですね。教える経験としては十分かもしれませんが、「コード・チャットボット」では、より高度なコーディングの概念が出てきます。まずは、先生がPythonについてよく知っておいたほうがいいですね。具体的には、以下の内容について理解していることが必要です。

 

  • ・変数:宣言と利用方法
  • ・if文
  • ・forループとrange関数
  • ・%演算子
  • ・メソッド
  • ・文字列操作のメソッドと演算子の違い
  • ・Unicodeとは何か
  • ・リスト
  • ・クラス

 

これらの概念が理解できていれば、「コード・チャットボット」の授業を始めることができます。一方で、対象となる生徒さんが事前にPythonを経験しておく必要はありませんよ。

学んだのはずっと昔です… 授業を始める前によく復習しておく必要がありそうですね。「コード・チャットボット」コースについて、もっと教えてください!
先生
先生
ゴード氏
ゴード氏
「コード・チャットボット」では、Pythonを使って、コンピューターサイエンスの概念を学んでいきます。生徒は、まず、ごく簡単なチャットボットを作り、それに新しい機能を追加するために、新しい概念を学び、それを使う練習をすることになります。また、実際のプログラミング現場にて行われるソースコードレビューで合格できるような、品質が高く、保守がしやすいコードを書くことも学んでいきます。
それはとてもクールです!
先生
先生
ゴード氏
ゴード氏
はい。コース終了時には、作ったチャットボットで英単語を当てるゲームが完成します。ゲームはスマートフォンなどでもプレイできますよ!
とっても良さそうです!まず私が自分でコースを試してみますね。
先生
先生